0V6A7348-2

肩こりのエクササイズ

肩こりのエクササイズ

 

肩こりのほとんどは、肩まわりの筋肉が引っ張られてつっぱて硬くなっています。猫背にして肩をすくめた状態にすると、着ている服の肩や背中あたりがつっぱって硬くなるのに似ています。そのつっぱりをたるませるには、肩甲骨を背骨に寄せるのが効果的です。実際に左右の肩甲骨を中心に寄せると、服にたるみができるのが分かると思います。筋肉も同じようにたるんだ状態が続けばコリは楽になっていきます。その為まずはそのつっぱた筋肉が縮んでたるんだ状態がつくれるように、こっている背中や肩の筋肉ではなく、肩甲骨を外に引っ張っている筋肉をストレッチして肩甲骨を中心に寄せていきます。

前鋸筋HP用

1.手を壁に付いて立ちます。
※腕が壁に対して90度。
※体の向きはなるべく前腕と並行。

2.体を壁に寄せていき、肘を反対側に抜いていきます。
※なるべく体の重さを使って体を壁に寄せます。
※肘に引かれて肩甲骨が内側に寄っているのを感じられれば上手にできています。

3.少し痛いくらいの強度で30秒維持します。

 

 

筋肉は細い繊維を束ねたロープに似ています。ロープは引っ張ると繊維同士が密着してカチカチになります。こっている筋肉と同じです。実際の筋肉の繊維と繊維の隙間には血管が走っています。引っ張られて密着した繊維の中では血管が押しつぶされ血流が悪くなってしまいます。コリが余計にひどくなってしまいます。血流を戻す為には繊維をたるませて、密着した繊維と繊維の間に隙間をつくり、血管のまわりに余裕を持たせることが必要です。左右の肩甲骨を中心に寄せ、こっている筋肉を縮めこんだ状態で大きく動かすことで近い働きが得られます。先述のストレッチでこの動きがやりやすくなっています。絡まった紐をほどく際、紐を縮めてぐにぐに動かすイメージです。引っ張っては絡まりが強くなってしまいます。

肩甲モビ

1.肘を90度に曲げてしっかりと胸を開き、上を向きます。

2.その状態のまま手を上下に動かします。

※一度にたくさんやるより、少しでも良いので頻繁にできると良いですね。
※ストレッチの後に行うと効果的です。

 

施術でしっかりと体を整えてからのエクササイズがより効果的です。
肩こりコースがおすすめ!