IMG_4236

肩こりの原因と施術

肩こりの原因

・頭を支えている

肩回りの筋肉は常に重い頭を支えています。頭はバランス良く首の上に乗っかっている訳ではなく、肩回りの筋肉が下に落ちそうな頭を常に引っ張り上げています。弾力のあるゴム紐で重いものを引っ張ると、ゴム紐はつっぱって硬くなります。筋肉にも同じことが起こります。

 

・腕をぶら下げている

肩回りの筋肉は常に肩から腕をぶら下げています。立っているときは下へ、デスクワークや家事などでは前下方へ、腕は重力の方向へ引っ張られます。意識して肩に力を入れているつもりはなくても、腕の重さに引っ張られた肩回りの筋肉はつっぱって硬くなってしまいます。ゴム紐と同じです。

 

・手先の動きを制御する

日常生活では手先を細かく使うことが非常に多いです。上手に手先を使うためには肩回りの筋肉を緊張させて、動かす手先以外を制御する必要があります。この筋肉の緊張はそのまま肩こりにつながります。細かい作業をするのに肩から腕を動かしていては作業が上手くいきません。

 

肩こりの多くは、筋肉が引っ張られてつっぱった状態と、肩を制御するための筋肉の緊張の組み合わせと考えられます。

 

肩こりの施術

肩こりの原因を解消する方向へ筋肉や関節を動かしていきます。基本的には引っ張られてつっぱている筋肉を縮めながらほぐします。筋肉を縮めるというと硬く縮こまった状態を想像するかもしれませんが、イメージとしては筋肉が「たるんでゆるんだ状態」を目指します。

 

IMG_4147

背骨を動かしながら背中の筋肉をほぐしていきます。肩こりを起こしている筋肉の多くは背骨につながっているので、背骨の動きの良さはとても重要です。

 

IMG_4187

肩の筋肉をほぐします

 

IMG_4236

肩甲骨を動かします。肩こりを起こしている筋肉のほとんどが肩甲骨とつながっているので、肩甲骨を動かすことでそれらの筋肉に柔軟性をつけることができます。

 

IMG_4272

首の関節を動かしながら筋肉をほぐしていきます。肩こりを起こしている筋肉の多くは首から頭にかけてもつながっているので、首の動きの良さはとても重要になってきます。

 

肩こりの施術には45分コースがおすすめです。
施術料はこちら

2017/12/10